株式会社長崎工業
ファイバーレーザー溶接機を導入しました。多品種少量生産、一貫生生産、精密板金加工。
業種を超えてあらゆるニーズに応える技術の力がここにあります。
ユーザー各位様とのパートナーシップで前進します。
代表取締役 長崎浩二 市場が成熟し、あらゆる商品が個性化、多様化への一途をたどる今日、 商品の差別化戦略の重要なキーテクノロジーとなる精密板金加工技術の社会的役割は高まるばかりです。
プレス加工による同一形状の量産体制では、もはや高度に発達した消費社会のニーズに応える事が出来なくなって来ているのが現状ではないでしょうか。
私ども長崎工業では、このような時代の到来をいち早く予測し、1973年、同業他社に先駆けてNCタレットパンチプレスを導入。75年頃より、どこよりも早く多品種少量生産を手掛けて参りました。
この30年近くにも及ぶ技術の蓄積が、取引先各位から圧倒的な信頼を頂戴し、今日では歯科医療機器、医療機器、視聴覚機器、事務機器、通信機器など、業種の枠組みを越えて、幅広い製品の精密板金加工技術に寄与させて頂いております。
精密板金加工に関するご用命は、量の多少を問わず、弊社までお気軽にご相談下さい。
会社名株式会社 長崎工業
会社所在地愛知県碧南市白砂町5丁目26番地1
TEL0566-48-1531
FAX0566-48-2891
メールアドレスinfo@ngsk.co.jp
設立昭和42年11月
資本金1000万円
年商8億円
従業員40名
役員代表取締役社長:長崎 浩二
事業内容精密機械板金加工業
製造品目ATM・工作機械・医療機・食品機器・事務機器 等
主要取引銀行碧海信用金庫 東端支店
主な設備NCT3台 レーザー1台 NCT・レーザー複合機1台
 ベンディングロボット3台 プレスブレーキ10台(35t-100t)
 プレス4台(45t-100t) NCタッッピングマシン スポット5台
 アルゴン自動溶接機 生産管理システム など
建物外観
1992年4月に完成した新本社工場は、屋根素材・外壁にステンレスを使用し曲線を生かした斬新なデザインです。社員食堂もアメニティを追求したテラス風のリフレッシュルームにするなど当社の精密板金の技術と人材観がここに集約されています。
ベランダ
 
Copyright© Nagasaki Industrial co.,Ltd.
ページの先頭へ